高校生
レベル別のプリントで、志望校に応じた入試対策を実施。
高校生の指導で使える解説プリントもついています。


~春に向けたeトレ運用事例集~



1. 高校生を新たに受け入れたい

大学受験・テスト対策の自習用教材として活用できます。


先生の声
高校生からも「eトレをやりたい」という声が多くあったので、eトレの子機を増やして対応しました。 eトレのパソコンとプリンターを自習室に置き、高校生は自習で自由に使えるようにしています。

卒塾生が講師として質問に答えており、テスト前にはeトレに取り組む生徒さんでいっぱいになります。 卒塾生が講師だと「こういう大学に行ける」という気持ちになるので、良いですね。





2. 講師不足を解消したい

教えるポイントを逃さず、誰が教えても同じ内容の指導ができます。


先生の声
講師間の指導レベルや内容にあまり差が出ないことで、安定した指導ができ助かっています。

また、講師が簡単な引継ぎで交代できています。交代する講師に細かに情報を伝えなくても、eトレで生徒さんの前回の学習状況を確認するだけで指導に入れます。

塾長がいなくても、担当の講師が簡単に操作できるのも、導入した理由の一つです。





3. 講習では、塾では教えていない科目も学習させたい

eトレの高校ユニットなら、ほぼ全科目に対応できます。


先生の声
データベースが豊富にそろっているので、非常に重宝しています。

医学部受験では理系科目と英語は必須となります。 難易度別にそろったシリーズから、習熟度に合わせたプリントを手軽に選択でき、役立っています。

さらにセンター試験では文系科目も必要となりますが、センター対策のデータベースもあるので、受験科目に合わせたプリント演習ができます。





ページのトップへ戻る