【ダウンロード版】学習システム eトレ10トライアル インストールマニュアル

インストールの前に

以下を必ずご確認ください。
  • ◎ インストールは管理者権限のあるアカウントで行ってください。
  • ◎ インストール前に以下をご覧のうえ、お使いのパソコンの環境を必ず確認してください。

    ご利用可能な環境
    対応OS Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 Service Pack1
    Cドライブの空き領域 10GB
    CPU Core iシリーズ以上推奨
    メモリ 2GB以上、4GB以上推奨
    画面解像度 1024×768ピクセルに対応
    ソフトウェア eジャッジご利用の場合 Microsoft Office2010以上、またはOpen Office

    インストールが出来ない環境
    SQL Serverが既にインストールされている パソコンにSQL Serverを利用した別のソフトがインストールされている場合は、eトレ10をインストールできません。
    なお、過去にeトレ10をインストールしたパソコンにはMicrosoft SQL Server 2014がありますが、問題ございません。 また、Microsoft SQL Server XXXX Compact Edition(XXXXは数字)は、問題ございません。
    (例:Microsoft SQL Server 2005 Compact Edition)
    ※SQL Serverのご確認方法は以下をご覧ください。
    セキュリティーの強化されたパソコン 法人向けアンチウイルスソフトやアクティブディレクトリを利用していると、SQL Serverをインストールできない場合があります。 お手数ですが、eサポートまでご相談ください。
    Windows Updateをしていないパソコン Windows Updateが未実施なためにSQL Serverがインストールできない場合があります。インターネットに接続し、Windowsが最新であることをあらかじめご確認ください。
    ※SQL Serverのご確認方法
    1.以下の順にクリックしてください。
     スタートメニュー→コントロールパネル→プログラム(プログラムと機能)→プログラムのアンインストール
    2.「Microsoft SQL Server XXXX」(XXXXは数字)または「Microsoft SQL Server Desktop Engine」という項目がある場合、インストールされている可能性があります。

  • ◎ 過去にeトレ10をインストールしたことがあるパソコンに改めてインストールする際には、あらかじめ過去のeトレ10がアンインストールされているかご確認ください
    eトレをアンインストールしていない場合は、インストール前に「アンインストールについて」をご覧いただき、アンインストールを行ってください。
  • プリンターの設定について

    カラー印刷が可能な一部プリンターにおいて、印刷物がモノクロかカラーか「自動判定」する設定だった場合に、eトレ・eジャッジプリントがカラーと認識されることがあります。
    つきましては、eトレ・eジャッジをご利用の際は上記設定を「白黒」「モノクロ」に指定してお使いいただくことをお勧めいたします。

    1. インストーラーの起動

    インストールを行う前に
    1. ダウンロードしたプログラム「trial○○○○Q○(.exe)」を右クリックしてプロパティを選んでください。
      ※ ○には数字が入ります。例:trial2016Q4 など

      ※ 「trial○○○○Q○(.exe)」がデスクトップに無い場合、以下のフォルダを開いてください。
        スタートメニューを右クリックし、エクスプローラー→PC (またはコンピューター)→ダウンロード
      ※ スタートメニューを右クリックしても「エクスプローラー」が無い場合、以下の順にクリックしてください。
        スタートメニュー→コンピュータ→ダウンロード

    2. プロパティウィンドウの下方にブロックの解除または許可するがありましたらクリックし、OKで閉じてください。
      ブロックの解除または許可するがない場合はキャンセルで閉じてください。
    1. ダウンロードしたプログラム「trial○○○○Q○(.exe)」をダブルクリックして実行してください。「7-zip 自己解凍書庫」ウィンドウが表示されます。
    2. 「書庫として開けません」と表示される場合はダウンロードしたプログラム「trial○○○○Q○(.exe)」を削除して、
      再度「trial○○○○Q○(.exe)」をダウンロードしてください。
    3. 「7-zip 自己解凍書庫」ウィンドウが表示されますので、解凍をクリックしてください。プログラムが展開されます。
      「ファイルの上書き確認」ウィンドウが表示された場合は、すべて はいをクリックしてください。
      展開が完了すると、解凍画面は自動的に閉じられます。

      展開完了時、「このプログラムは正常にインストールされなかった可能性があります」と表示されることがあります。
      その際にはプログラムは正しくインストールされましたを選んでください。
    4. 展開(解凍)完了後、必ずパソコンを再起動してください。
    5. パソコンを再起動した後、ダウンロードしたプログラム「trial○○○○Q○(.exe)」と同じフォルダに作成された trial○○○○Q○ フォルダを開いてください。
    6. trial○○○○Q○ フォルダの中にあるsetup(.exe)をダブルクリックすると「インストーラー」ウィンドウが開きます。


      ※ 「認識できないプログラムがこのコンピューターへのアクセスを要求しています」や「次の不明な発行元からのプログラムにこのコンピューターへの変更を許可しますか?」と表示されることがあります。
      その場合は許可続行はいをクリックしてください。
    7. この後のインストール途中で、パソコンの再起動を求められる画面が表示されることがあります。
      その場合はパソコンを再起動し、trial○○○○Q○フォルダの中にあるsetup(.exe)をダブルクリックしてください。

    2. eトレのインストール

    【参考】インストーラー画面のインストールマニュアルからも、このマニュアルと同じ画面が開きます。

    1. インストールメニューのインストールをクリックしてください。
      「学習システム セットアップウィザードへようこそ」と表示されますので次へをクリックしてください。

    2. インストールをクリックした後、「学習システムeトレとは無関係のSQL Serverインスタンスが見つかりました。…」と表示されることがあります。

      その場合は、キャンセルを選択してインストールを中断し、eサポートまでご連絡ください。
      インストールをクリックした後、「このコンピュータのOSバージョンが要件を満たしていない為、 学習システム セットアップウィザードをインストールすることができませんが、Windows Updateを行うことによりインストールできる可能性があります。…」と表示されることがあります。

      その場合は、OKをクリックしてください。
      Windows Update画面が表示されますので、インターネットに接続し、Windows7 Service Pack1にアップデート後、再度インストールをクリックしてください。アップデートができない場合や、手順がご不明な場合はeサポートまでご連絡ください。
    3. 「学習システムeトレのプログラムをインストールします」と表示されますのでインストールして次へをクリックしてください。
    4. 「学習システム eトレ10セットアップウィザードへようこそ」画面が表示されます。
      次へをクリックしてください。
    5. 「ライセンス条項」が表示されますので、同意するにチェックを入れて次へをクリックしてください。
    6. 「インストールの確認」と表示されますので次へをクリックしてください。
      インストールが行われますので、そのままお待ちください。
    7. 「インストールが完了しました」と表示されますので閉じるをクリックしてください。
    8. 「学習システムeトレの周辺プログラムをインストールします」と表示されますので、チェックボックスは変更せずにインストールして次へをクリックしてください。
      ※既にすべての周辺プログラムがインストールされている場合はスキップして次へをクリックしてください。

    9. 「Microsoft Visual Basic PowerPacks 1.2」インストール画面が表示されます。画面の指示に従ってインストールを行ってください。

      既にインストールされている場合は右記の画面が表示される場合がありますが、問題ありません。

      「メンテナンスモード」が表示される場合は、キャンセルはい完了をクリックして次へ進んでください。
    10. 「Pegasus.NET Runtime」インストール画面が表示されます。画面の指示に従ってインストールを行ってください。

      既にインストールされている場合は右記の画面が表示される場合がありますが、問題ありません。

      「Repair」「Remove」の選択画面が表示される場合はCancelYescloseをして次へ進んでください。
    11. 「Crystal Reports Basic Runtime for Visual Studio 2008」および
      「Crystal Reports Basic Runtime Japanese Language Pack for Visual Studio 2008」のインストールが行われます。
      完了して、「Crystal Reports」のインストール画面が自動的に消えるまで、しばらくお待ちください。

      既にインストールされている場合は右記の画面が表示される場合がありますが、問題ありません。

      右図のような「Please insert the Disk:…」が表示される場合はキャンセルはいをクリックして次へ進んでください。
    12. 「Microsoft Chart Controls for Microsoft .NET Framework 3.5 ソフトウェア更新プログラム」インストール画面が表示される場合は、
      画面の指示に従ってインストールを行ってください。

      既にインストールされている場合は右記の画面が表示される場合がありますが、問題ありません。

      「Microsoft Chart Controlはインストール済です。インストールをスキップしますか?」と表示されましたらはいを選択して次へ進んでください。
    13. 「Microsoft Synchronization」のインストールが表示されましたら、自動的にインストールが行われますのでそのままお待ちください。
    14. 「Microsoft Sync Data Provider3.1」のインストールが表示されましたら、自動的にインストールが行われますのでそのままお待ちください。
    15. 「Microsoft SQL Server Compact3.5」のインストールが表示されましたら、自動的にインストールが行われますのでそのままお待ちください。
    16. 既にインストールされている場合は右記の画面が表示される場合がありますが、問題ありません。

      「新しいバージョンのMicrosoft SQL Server Compactがすでにインストールされています」と表示される場合は
      OKをクリックしてください。
    17. 「学習システム eトレのデータ印刷・表示プログラム(Adobe Reader)をインストールします」と表示されます。


      • Adobe Acrobat Standard11以上、またはAdobe Readerバージョン11以上がインストールされていない場合はインストールして次へをクリックしてください。
      • Adobe Reader のインストールが行われますので、画面の指示に従ってください。
      • 「Adobe ReaderまたはAdobe Acrobatはインストール済みです。」と表示されましたらはいを選択して次へ進んでください。
    18. 「学習システム eトレ用のデータファイルをインストールします」と表示されますのでインストールして次へをクリックしてください。
    19. 学習システム セットアップ画面が表示されますので、画面を閉じずにしばらくお待ちください。

      完了するまでにお時間がかかる場合がございます。

      30分以上お待ちいただいても進行している様子が見られない場合や、エラーメッセージが表示される場合は、正常にインストールができていない可能性があります。
      お手数ですがeサポートまでご連絡ください
    20. 「設定が完了しました。」や「セットアップが完了しました。」と表示されますので、OKをクリックしてください。




    21. 「プリントを印刷したり画面上に表示したりするプログラムを指定します」画面が表示されますので、表示に使うプログラム
      印刷に使うプログラムそれぞれを指定し、次へをクリックしてください。
    22. 「学習システム eトレのセットアップが完了しました」画面が表示されますので終了をクリックしてください。
    23. デスクトップの学習システム10アイコンをダブルクリックし、eトレを起動してください。eトレのログイン画面が起動します。

    24. トライアルキットでは、ログイン画面表示時に最初からIDとパスワードが入力されておりますので、
      そのままログインボタンをクリックしてください。
    25. 環境設定を行いますので、基本画面のシステム管理をクリックしてください。
    26. その他をクリックしてください。
    27. eジャッジ設定タブをクリックしてください。
      出力プログラムを選択し、保存をクリックしてください。
      (例:Microsoft Officeの設定を行う場合)

      選択できる出力プログラム
      テスト・解答の出力Microsoft Word(Microsoft Office 2010以上)
      または OpenOffice Writer(OpenOffice.org 3.1以上)
      集計表の出力Microsoft Excel(Microsoft Office 2010以上)
      またはOpenOffice Calc(OpenOffice.org 3.1以上)
      またはcsv形式で出力(どちらも利用しない)
    28. 以上で作業は完了です。
      ダウンロードしたプログラムおよび展開したフォルダ(trial○○○○Q○)は不要ですので、削除して差し支えありません。
      Adobe Readerをインストールした場合は、引き続き以下の「Adobe Reader設定変更方法」をご覧の上、設定を行ってください。

    Adobe Reader設定変更方法

    *Adobe Readerをインストールした後に正しくプリントが表示・印刷されるように、環境設定を変更する作業が必要です。下記手順に従って設定変更を行ってください。

    1. デスクトップのAdobe ReaderまたはAcrobat Reader DC のアイコンからAdobe Readerを起動してください。
      ※ 使用許諾契約の画面が表示されることがありますが、その際には同意するをクリックしてください。
    2. 編集メニューから環境設定を選択してください。
    3. 左のメニューリストからページ表示を選び、ページキャッシュを使用のチェックを外してください。
    4. * eトレ起動中にAdobe Readerのアップデートが開始されると、プリントのプレビュー・印刷ができなくなる可能性があります。eトレ起動中には、以下の手順で自動アップデートを行わない設定にすることをお勧めいたします。
    5. 左のメニューリストからアップデーターを選び、アップデートの通知を受信するが、ダウンロードしてインストールするときは指定するを選んでOKをクリックしてください。
      ※Adobe Readerのバージョンにより、メニューリストにアップデーターが無い場合があります。その場合は、この手順は飛ばしてください。
    6. 以上で設定変更は完了です。Adobe Readerの画面を閉じてください。
    OSがWindows7,8,8.1の場合、以上で設定変更は完了です。
    OSがWindows10の場合、以下の設定も行ってください。

    1. スタートメニューをクリックし、「設定」をクリックしてください。
    2. 「Windowsの設定」が表示されますので、システムをクリックしてください。
    3. 既定のアプリをクリックし、アプリによって規定値を設定するをクリックしてください。
      ※この画面に既定のアプリが無い場合、2.の「windowsの設定」に戻り、アプリをクリックし、
      既定のアプリを選択して続きの設定を行ってください。
    4. Adobe Reader(またはAdobe Acrobat)、すべての項目に対し、既定のプログラムとして設定するOKの順にクリックしてください。

    5. 以上でOSがWindows10の場合の設定変更は完了です。
    <<Adobe Acrobat StandardまたはProfessionalをお使いの場合>>

    eトレ起動時に以下の設定変更を行ってください。

    1. eトレの基本画面のシステム管理をクリック
    2. システム管理画面内のその他をクリック
    3. データ印刷設定タブのデータ印刷プログラム設定で、Adobe Acrobatを選択
    4. 保存をクリックして閉じる

    操作方法について

    操作に必要なマニュアルは、eトレの中に収録されています。基本画面左下の「操作マニュアル」をクリックしてください。

    なお、eジャッジにつきましては、画面の「eジャッジ」ボタンからご利用いただけます。

    学習システムのアンインストール

    アンインストールするには以下の手順をご参照ください。

    1. スタートメニューよりコントロールパネルを開いてください。
    2. プログラムの追加と削除(またはプログラムのアンインストール)を選んでください。
    3. 学習システム10を選び、削除(またはアンインストール)をクリックし、削除を行なってください。
    4. 削除完了後、スタートメニュー→PC(またはコンピュータ)→C:ドライブの順に開き、以下のフォルダを削除してください。
      • eトレ資料
      • lsjudge
      • lsdt

      • ※よく似た名前で「lsoft」という名前のフォルダがありますが、「lsoft」フォルダは絶対に削除しないでください。

    お問い合わせ先

    エルソフト株式会社 eサポート
    TEL 050-3822-5800
    FAX 0120-434-767
    E-mail info@e-tj.net
    営業時間 平日 10:00~18:00
    オンラインユーザーページ http://e-tr.jp/category/usersite/
    ▲このページのトップへ